【NewYork Trip】初めてのニューヨーク①往復台北経由で行きました

投稿日:

初めてのNY旅から1年が経とうとしています。
1年なんてあっという間なのに、なんかすっかり変わっていくなぁとも思ったり。

ご縁をもらって、初めて訪れたニューヨーク。
またいつか、きっと行けると信じて、旅のレポートをお届けします(^^)/

マディソンスクエア

往復ともに台北経由にした理由

桃園空港

これは、台北で朝ご飯が食べたかったのと、少しお安めの航空券を買えたからです。
お盆時期でもあったので、ツアーもなかなかお高くて。
最安値のツアーのホテルはかなり狭そうだったし、できればキッチンのあるホテルに泊まりたかったというのがあったのです。

友達と4人旅。
出発が別便の子もいたので、パッケージツアーでまとめて予約するという選択肢は考えてなくて。

私はスターアライアンスのステータスがあったので、往路はラウンジでシャワーを利用することも考えて、エバー航空で行くことは早々に決めていました。
友人たちも結局は同じ便になったのですが、出発日は台風が日本に接近中でしたが、30分遅れで無事?出発することができました♪

意外に時差ぼけしなかったワケ

エバー航空

ハワイでもあまり時差ぼけを感じなかったのですが、今回のNY旅でも時差ぼけはあまり感じず。
おそらく、現地の到着時間に合わせて睡眠時間や食事のタイミングを計っていたからかも?と思っています。

利用したフライト
【往路】
大阪・関空 13:10発✈ 台湾・桃園空港 15:05着
台湾・桃園空港 19:10発✈ NY・JFケネディ空港 22:05着
【復路】
NY・JFケネディ空港 1:25発✈ 台湾・桃園空港 5:05着
台湾・桃園空港 13:35発✈ 大阪・関空 17:15着

大阪から台湾へは約3時間。台湾からニューヨークへは約15時間のフライトでした。

飛行機の機内食って、びっくりするタイミングで配られたりしますよね(笑)
安定飛行に入って、乗っている人全員に配るってことを考えたら、仕方ないのかもしれません。

特に長時間のフライトは軽食も途中で配られるので、動かないから常にお腹はいっぱいになった状態で運ばれます(^^;)

エコノミークラスで行くと、トイレ問題とか、なかなか寝付けなかったりとか(旅の前はなかなか寝付けないことも多くて)があるので、機内食を食べるかどうか、座席はどうするか、機内アイテムは何を持っていくか、めっちゃ考えました。機内食をフルーツ食にしたりして、なんとなくうまく体内時計を現地時間に合わせられた気がします(*´з`)

到着してからの移動手段

これは友達が乗り合い空港シャトルを予約してくれてたのですが、なんだかお迎え場所が良くわからず。。。拙い英語で電話をかけること数回。。。(空港にシャトル専用の電話があるのです)

ターミナルを移動するだけで45ドルとかいう空港職員もどきのおじさんと戦ったりしながら、やっとの思いでシャトルに乗り込めました。

この空港職員もどきって、バリ島の空港にも居たんですけどほんとツアーガイド居ないような旅の時は気を付けて欲しいです。
ネームプレート付けてても、怪しんでね!

とはいえ、シャトルは他のグループの目的地も経由して、真夜中のタイムズスクエアが見れたのもラッキー♪な感じだったので、大変だったけど結果オーライでした。

旅の拠点:スチュワートホテル

この旅でお世話になった「スチュワートホテル」さん
大きな通りに面してて、ペン駅もすぐそこ。セントラルパークくらいなら徒歩圏内で、場所も雰囲気もいいホテルでした♡

敢えてキッチン付きのお部屋を選んで、持ち込んだソーメンとか食べましたね(笑)朝ご飯にスクランブルエッグ作ったり。

ぜんぜん映えない(笑)

遅くなっても、街全体が明るいのと、ホテルもレセプションが24時間対応だったので安心して利用できました。
何よりスタッフさんも親切。選んで正解でした。

到着して早々に私は眠気に勝てず、友達に買い出しを任せて夢の中に旅立ちました(˘ω˘)スヤァ
②に続く。

-ニューヨーク, 旅行
-, , , ,

Translate »

Copyright© ゆらりんTravelife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.